開催概要

DONQ創設者、藤井幸男生誕100周年を記念し「フランスパンコンクール 藤井幸男記念杯」を開催いたします。フランスのデクレ・パン(パンの政令)の基準に則り、生地改良剤、ビタミンC を使用しないフランスパンの品質を競う、アルチザンの製パンコンクールです。

フランスのデクレ・パン
(パンの政令)の規定

フランスで伝統パンの名称で販売するときの基本の原材料は、製パン用小麦粉、飲料水、塩、製パン用イースト、ルヴァン、補助剤としてモルトは可。この政令によりビタミンCや生地改良剤を使用したら伝統パンを名乗ることはできなくなった。(1993年9月13日付)

クロワッサン フランスパン

応募要項

応募資格

年齢、キャリア、国籍問わず、誰でも参加可能

応募〆切

2020年11月30日(月)

応募方法

下記よりご応募ください。お申込み後、受付番号をメールでお知らせ致します。

賞品

●大賞(1名) 賞金200万円&仁瓶利夫氏と行くフランス9日間研修ツアー
●準大賞(1名) 仁瓶利夫氏と行くフランス9日間研修ツアー
●特別賞(3名) リスドオル10袋(25kg)

お問い合わせ

藤井幸男記念杯 コンクール事務局

mail_address

応募はこちら >

審査内容

《一次審査》

審査方法

試食審査(冷凍便にて送付)

提出物

【1】バゲット・トラディショネル(3本)
小麦粉 : リスドオル(70%以上)その他の粉(30%以下)
製品重量 : 200g 長さ:40cm
使用不可 : 生地改良剤・ビタミンC(イースト中にビタミンCが添加されたものも不可)
使用可 : モルト
【2】パン・オ・ルヴァン(2個)
製品重量 : 700g 形状・粉類自由
使用不可 : 生地改良剤・ビタミンC・イースト(ただし、本捏ねの時に生イースト0.2%以下まで。セミドライイースト、インスタントドライイースト(青)はその1/3の量まで使用可)

ルヴァン元種は小麦粉、ライ麦粉、小麦全粒粉、ライ麦全粒粉のいずれかを使用して種を起こしたものに限る。レーズン種やフルーツから起こした種は使用不可。

【3】パン・スペシオ(3個)
製品重量・形状・粉類・その他自由
使用不可 : 生地改良剤・ビタミンC
【4】クロワッサン(4個)
製品重量 : 60g
【5】パン・オ・ショコラ(4個)
製品重量 : 70g

一次審査到着日

レシピ:2021年1月20日(水)

製品:2021年1月27日(水)午後必着

レシピはメール送付、製品は冷凍便にて送付

レシピの取り扱いについて、権利の帰属は藤井幸男財団となります。返却はいたしません。

レシピの応募用紙をダウンロードできます。
(Wordファイル:36KB)

レシピ応募用紙をダウンロード

一次審査送付先

日清製粉株式会社 営業企画部 
藤井幸男記念杯 コンクール事務局 宛

〒101-8441 東京都千代田区神田錦町1-25

TEL:03-5282-6365

TEL:03-5282-6365

《最終審査》

一次審査で通過した9名

審査方法

実技・試食審査

実技製品

【1】バゲット・トラディショネル

【2】パン・オ・ルヴァン

日程 : 2021年4月4日(日)(事前準備4月3日(土)夕方)
会場 : 日本パン技術研究所
東京都江戸川区西葛西6-19-6
パン科学館ビル4F

《審査委員》

  • カネカ食品株式会社 山﨑 隆二 氏
  • 帝国ホテル 二宮茂彰 氏
  • レストラン・モリエール オーナーシェフ 中道 博 氏
  • 元フランス アミカル代表 ユベール・シロン 氏
  • 元アミカル代表 ピエール・プリジャン 氏

他数名

仁瓶利夫氏による
事前講習会

「フランスパンコンクール藤井幸男記念杯」の事前講習会を関西と関東で開催致します。講師である仁瓶利夫氏から本コンクールの趣旨であるフランスのデクレ・パンの基準やルヴァン種について講義・実演させて頂きます。尚、講習会終了後に、同会場にて懇親会を開催致します。是非、ご参加下さいます様お願い申し上げます。

実演アイテム

  • バゲット(改良剤、ビタミンC無添加のフランスの伝統的バゲット)
  • 二段階法によるパン・オ・ルヴァン(改良剤、ビタミンC無添加)
  • フランスのデクレ・パン(パンの政令)の基準に基づいたルヴァン種の種起こしから管理まで

会費

講演会参加費:5,000円

懇親会参加費:1,000円

会場

関西会場

日時 : 2020年9月15日(火)10時~17時(受付9時30分より)
       及び
2020年9月16日(水)10時~17時(受付9時30分より)
場所 : 日清製粉(株)東灘工場(兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町14)
定員 : 40名(定員になり次第締め切り)
※関西会場は、9月15日と16日の2日間の開催とさせて頂きます

関東会場

日時 : 2020年9月1日(火)10時~17時(受付9時30分より)
※新型コロナウイルスの拡大の影響により、6月23日(火)から延期となりました
場所 : 日清製粉(株)小網町ビル(東京都中央区日本橋小網町19-12)
定員 : 50名(定員になり次第締め切り)
※定員に達した為、関東会場のお申し込みは終了とさせて頂きます

どちらの会場もお車でのご来場はご遠慮下さい。公共機関のご利用をお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の拡大によっては中止になる可能性が御座います。

お申込み

希望日程、店名(会社名)、お名前、住所、電話番号、FAX番号、懇親会参加の可否を記入しFAXにてお送りください。

講習会の応募用紙をダウンロードできます。
(Wordファイル:36KB)

講習会応募用紙をダウンロード

FAX:03-5282-6137(日清製粉(株)宛)

お問い合わせ

TEL:03-5282-6365(担当:武藤)

TEL:03-5282-6365(担当:武藤)

受け継がれしフランスの伝統

仁瓶利夫氏

仁瓶利夫
(藤井幸男記念・教育振興会 代表理事)

仁瓶利夫氏

仁瓶利夫 氏 (藤井幸男記念・教育振興会 代表理事)

レイモン・カルヴェル教授が初来日して本格的フランスパンを実演した1954年から66年経ったいま、フランスパンは日本人にとってなくてはならないパンとなってきました。しかし、フランスでは一時期バゲットの品質の低下が問題視され、1993年に「フランスの伝統パン」を定めた政令(デクレ・パン)によって品質を取り戻そうとしました。本コンクールはフランスのデクレ・パンの基準に則ったもので、ビタミンCや生地改良剤を使用しない本来のパンづくりを目的とし、カルヴェル教授と長年親交をあたためてきた元ドンク会長藤井幸男の生誕100周年記念事業として開設するものです。このコンクールを機にフランスの伝統的なパンづくりに挑戦してみましょう。